認知症を予防する為の自己チェック法

認知症を予防する為の自己チェック法

認知症予防に必要な生活のリズムについて

認知症になるかもしれないと不安を抱いている人が非常に多いです。予防するための方法をしっかりと理解している人は少ないので、自分の今の状態をチェックして改善していくことが大切になります。歳をとってから認知症になるのではないかと感じている人は多いですが、実際に何をすれば防げるのかということを知っている人はあまりいません。老化とともに病気になる可能性は増えるので、できる限り若いうちから病気を防ぐための運動することが大事です。若いうちに認知症になってしまう人も最近では多く、防ぐための運動をする年齢は若ければ若いほど良いと言えるでしょう。

基本的には日々の生活リズムを整えるということと、頭の回転を良くするトレーニングをすることが重要です。体が健康であれば脳が衰える心配もなくなりますし、細胞の活動が活発になるので毎日規則正しい生活をすることが病気を防ぐ一番の方法です。激しい運動を行う必要はないので、軽いウォーキングやランニング、体操などを毎日行うのが良いでしょう。あまり激しい運動してしまうと怪我の恐れがあるので体に負担がないように無理をしないことが大切です。今まであまり運動したことがない人は、散歩をするだけでも毎日続けていると足腰が丈夫になり少しずつ健康を感じられるようになります。

すると、徐々に速く歩いても疲れにくくなり、軽いランニング程度なら出来るようになるでしょう。無理をする必要はありませんが、適度に汗をかく位の運動を定期的に続けると非常に効果があります。ウォーキングやランニングをした後にストレッチを行うことを忘れてはいけません。運動を始める前にも必ずストレッチをするように心がけましょう。急な運動すると怪我の原因につながるので、必ずストレッチ等をしてから運動を始めるようにすれば安全です。また、ランニングを始める前に軽いウォーキングを行うなどして体に負担をかけないように気をつけましょう。運動以外では、食生活や睡眠、ストレスをできるだけ感じないようにする生活が大切になります。

せっかく運動していても食生活が脂っこい食事ばかりでは意味がありません。また、睡眠時間が短かったり、昼夜逆転の生活をしていると生活のリズムをポロポロになってしまうので気をつけましょう。ストレスがかからないように趣味を見つけることも大切です。生活のリズムを整えようと必死になり逆にストレスがかかってしまうこともあるので、無理のないよう改善していく事を心がけましょう。

食生活はできるだけ脂っこいものを控えて、野菜や魚を多くとるようにすると効果的です。間食をあまりしないようにして、糖分の多いものを避けましょう。基本的には無理をせず野菜や魚を多くとっていれば大丈夫です。睡眠時間はたっぷり八時間程度とることが理想です。短すぎると体に負荷がかかりますし、運動する時にも体に負担がかかります。睡眠をあまり取れないでいると運動をしても疲れがなかなか取れなかったり逆効果となってしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

認知症予防に必要な頭の運動について

認知症の予防には生活リズムを整えることも大切ですが、頭の病気でもあるので頭の運動をすることが重要です。頭の運動といっても自分一人でできる簡単なことを長く続けるだけで十分だと言われています。病気を防ぐための運動はいくつかありますが、自分にとって負担にならないことを中心に行っていくと良いでしょう。無理をしたり大変なことだとなかなか長く続けることが難しいので、まずは自分にとってストレスを感じないものから始めましょう。頭の運動として効果があるものの一つは過去の記憶を思い出すことです。数日前の事でも良いですし幼少期の頃の楽しかった思い出でも構いません。

過去のことを思い出していると脳が活性化されます。それにより認知症防ぐ効果があると言われています。まずは数日前の晩御飯の献立を思い出してみましょう。数日前の晩御飯の献立でも思い出すことに時間がかかる場合があります。しかし、慣れてくるとすぐに思い出せるようになるのでできるだけ長期間続けてみましょう。幼少期の楽しかったことを思い出すのも効果的です。楽しかったことを思い出すとワクワクした気持ちになり脳が活性化されるので認知症を防ぐためには非常に効果があると言われています。思い出すことが難しければ少しずつ紙に書き出すことも大切です。

紙に書き出すことによって書いたものが結果として残るのでトレーニングをしたと言う気持ちになり達成感が沸きます。書き出すことで毎日のトレーニングが楽しくなるので続けるのが難しいと思った人は一度紙に書き出してみましょう。次に人とできるだけたくさんコミュニケーションをとることが大切になります。人とコミュニケーションを取るという事は脳の色々な部分を使わなければならないので、脳の活性化には非常に効果があります。人の表情や会話を気にしながら自分の話をするためには一つの事だけでなく色々なことに気を使わなければならないのでトレーニングとしては最適です。

最初は一対一でのコミュニケーションから始めて、慣れてくればできるだけたくさんの人と関わるようにしましょう。たくさんの人たちと触れ合っていれば脳の働きが鈍くなるという事はなくなります。歳を取ると人と関わる機会が減ってしまうので自分からたくさんの人たちと会うように心がけましょう。人とのコミュニケーションが苦手な人は、一人でできるゲーム等をすると脳に良いと言われています。テレビゲームは指先を使い脳が活性化されるので効果的です。

普段では指先を細かく動かすという事は少ないのでテレビゲームをして脳を活性化させるということが大切です。長く続ける必要はないので、毎日少しずつゲームを楽しむと良いでしょう。楽しみながら毎日続けることによって効果は上がります。自分が楽しめるものを探し長く続けるということがポイントです。趣味がある人であれば趣味を毎日楽しむということも大切です。脳を活性化させるためには好奇心を持ち続ける事を心がけましょう。美術や映画、音楽など何でも良いので自分が好きなものを見つけておくということも大切です。